サイト内
メッセージ
目指す物理
実験の概要
日本グループの活動
写真ギャラリー
出版物・業績
研究者リスト
経緯と外部資金
トップページへ
サイト外へのリンク
Double Chooz実験
KASKA実験
主要なリンク
メンバー用ページ
メンバー用ページへ

Double Chooz 日本グループの,原子炉ニュートリノ振動実験に関わる出版/発表リスト

2009年12月31日現在


新学術領域「ニュートリノフロンティアの融合と進化」(2013〜2017年):A02班「原子炉ニュートリノを用いた基礎科学と応用科学」に関わる出版/発表リストを見るにはここをクリックして下さい。

     以下には,Double Chooz 日本グループの直接原子炉ニュートリノ振動実験に関係するもののみを掲載しています。

  1. 原著

    1. "Letter of Intent for KASKA: High Accuracy Neutrino Oscillation Measurements with anti-νes from Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Station": KASKA Collaboration; e-Print Archive: hep-ex/0607013, 2006. 86pages.
    2. "On-site underground background measurments for the KASKA reactor-neutrino Experiment": KASKA Collaboration; Nucl. Instr. & Meth. A568(2006)710
    3. "A Simple model of reactor cores for reactor neutrino flux calculations for the KamLAND experiment.": K.Nakajima, F.Suekane et al.; Nucl. Instt. Meth. A569(2006)837-844
    4. "Systematic limit on sin2(2θ13) in neutrino oscillation experiments with multi-reactors.": H.Sugiyama, O.Yasuda, F.Suekane, G.A.Horton-Smith: Physical Review D73(2006)053008-1-053008-13
    5. "Reactor Neutrino Oscillations: KamLAND and KASKA"; F.Suekane; Nucl.Phys.Proc.Suppl.157:21-26,2006(Proceedings for RADCOR06)
    6. "Measurement of Neutrino Oscillation with KamLAND: Evidence of Spectral Distortion."; KamLAND Collaboration T.SAraki, F.Suekane et al.: Phys. Rev. Lett. 94(2005)081801
    7. "The KASKA project - a Japanese medium-baseline reactor-neutrino oscillation experiment to measure the mixing angle θ13 -."; M.Kuze: Nucl. Phys. B(Proc. Suppl.) 149(2005)160-162
    8. "White Paper Report on Using Nuclear Reactors to Search for a Value of θ13": K.Anderson, F.Suekane, F.Sumiyoshi, N.Tamura et al.e-Print ArXive: hep-ex/0402041; Jan.2004. 167pp.
    9. "Reactor Measurement of θ13 and its complementarity to long-baseline experiments": H.Minakata, H.Sugiyama, O.Yasuda,K.Inoue and F.Suekane; Physical Review D68(2003)033017 and Erratum-ibid. D70(2004)059901.

  2. 総説

    1. 「原子炉θ13実験Double Chooz」 (日本語): 末包文彦; 高エネルギー物理学研究者会議高エネルギーニュース, vol26,No.3(2007).
    2. 「原子炉を用いたニュートリノ混合角θ13の精密測定」: 田村詔生,末包文彦,安田修; 日本物理学会誌2006年11月号。
    3. 「KASKA;原子炉による精密θ13測定計画」: 末包文彦; 高エネルギー物理学研究者会議高エネルギーニュース,Vol23,No.3(2005)157-173

  3. 国際学会・日本物理学会特別講演・研究会発表リスト

    1. "A High Precision Reactor Neutrino Detector for the Double Chooz Experiment.": Double Chooz Collaboration (F.Suekane for the collaboration), To appear in the proceedings of 1st international conference on Techonology and Instrumentation in Particle Physics (TIPP09), Tsukuba, Japan,12-17,Mar.2009. e-Print arXiv: 0906.1639 [hep-ex] 4pp.
    2. "The travel of Double Chooz PMTs from Japan to Chooz":H.Tabata; Neutrino Champgne 2009, 19-21/October/2009, @Reims, France
    3. "Online monitoring system for Double Chooz experiment":T.Konno, A.Cabrera, M.Ishitsuka, M.Kuze, Y.Nagasaka, Y.Sakamoto and A.Shigemori; IEEE Oct, 2009 at Orlando, Florida, U.S.A.
    4. "Prospects of low energy neutrino oscillation experiments":F.Suekane; Erice School/Neutrinos in Cosmology in Astro-, Particle- and Nuclear Physics, @Erice-Sicily, Italy, 2009.9.23
    5. "France-Japan collaboration in reactor-neutrino experiment":M.Kuze; FJPPL Workshop 20 May, 2009 at Tsukuba
    6. "θ13: Review of the Current Status of Double Chooz, Dayabay and Reno": F.Suekane; 5th Applied Antineutrino Physics Workshop @Angra dos Reis, Brasil, Mar.19,2009
    7. "A High Precision Reactor Neutrino Detector for the Double Chooz Experiment.": Double Chooz Collaboration (F.Suekane for the collaboration), To appear in the proceedings of 1st international conference on Techonology and Instrumentation in Particle Physics (TIPP09), Tsukuba, Japan,12-17,Mar.2009.
    8. "Double Choozの物理": 末包文彦; 日本物理学会企画講演@近畿大学,2008年3月25日
    9. "Status of the Double Chooz Experiment": F.Suekane; Contributed Talk for IPMU Focus Week (Neutrino Mass) @Tokyo Univ.Kashiwa Campus, Mar.19,2008
    10. "Double Chooz": T.Kawasaki; AIP Conf. Proc 981: 202-204, 2008.
      Proceedings of "Double Chooz status": T.Kawasaki; 9th International Workshop on Neutrino Factories, Superbeams and Betabeams (NuFact07), Okayama, Japan, 6-11 July 2007
    11. "KASKA and Its Prototype": F.Suekane; Applied Antineutrino Physics Workshop @ APC Paris, France, Dec.13-14,2007
    12. "A Trial of Neutrino Detection from Joyo Fast Research Reactor": F.Suekane; JAEA-IAEA Workshop on Advanced Safeguards Technology for the Future Nuclear Fuel Cycle @Tokai-mura, Ibaraki, Japan, Nov.14,2007
    13. "Double Chooz: A Reactor θ13": F.Suekane; International Workshop onDouble Beta Deacay and Neutrinos @ Osaka, Jun.13,2007
    14. "原子炉ニュートリノによるθ13測定実験の現状と展望":末包文彦; 日本物理学会企画講演@首都大学東京,2007年3月26日
    15. "Current Status of Neutrino Oscillations & Reactor Neutrino Oscillation Experiment": N.Tamura; The 16th Workshop on General Relativitiy and Gravitaion @Niigata, Japan, Nov.27-Dec.1,2006
    16. "KamLAND & KASKA Prototype (In view of safeguards)": F.Suekane; Applied Antineutrino Physics Workshop @Laurence Livermore National Laboratory, CA, USA, Sep.24-26,2006
    17. "Neutrino Oscillations: The Present and Perspectives": F.Suekane; 2nd Symposium on Neutrinos and Dark Matter in Nuclear Physics (NDM06) @ Paris Fracne, Sep.6,2006
    18. "Reactor Neutrino Oscillations: KamLAND and KASKA.": F.Suekane; 7th International Symposium on radiative corrections (RADCOR06) @Hayama, Oct.3,2005 (Proceedings: Nucl. Phys. Proc. Suppl. 157(2006)21-26
    19. "KASKA Project": F.Suekane; PANIC2005 Satellite meeting @Santa Fe,NM, USA, Oct.30,2005
    20. "Prospects of KamLAND and θ13" (Panel Discussion): F.Suekane; Erice School/Workshop on Neutrinos @Erice-Sicily, Italy, Sep. 23,2005
    21. "The KASKA Project" : M.Kuze; PASCOS05(parallel), Gyeongju, Korea, 10 May-4 Jun 2005
    22. "Status of the KASKA Project" : F.Suekane; 4th Workshop for Future Low-Energy Neutrino Experiments @Angra dos Reis,Brazil, Feb.24,2005
    23. "原子炉を用いたニュートリノ振動パラメータθ13の測定":末包文彦; 日本物理学会企画講演@九州大学箱崎キャンパス,2004年3月28日
    24. "Status of the KASKA Project": F.Suekane; 3rd Workshop for Futur Low-Energy Neutrino Experiment @Niigata, Mar.20,2004
    25. "KASKA:(微) The Reactor θ13Project in Japan": F.Suekane; 10th ICEPP Symposium @Hakuba, Feb.17,2004
    26. "Status of KASKA: The Japanese Reactor sin2(2θ13) Project.": KASKA Collaboration (F.Suekane for the collaboration); Jul 2004. 8pp. Tokyo, Japan, 11-15 Feb 2004 Publishied in "Tokyo 2004, Neutrino oscillations and their origin" 228-235 (Proceedings)
    27. "Future Reactor Neutrino Experiments after the KamLAND": F.Suekane; @KEK Physics Seminar, Nov.4,2003
    28. "Reactor sin22θ13 Measurement": F.Suekane; NufactJ03 @Tokyo Metropolitan Univ., May.16,2003
    29. "KASKA:(微) The Reactor θ13Project in Japan": F.Suekane; 10th ICEPP Symposium @Hakuba, Feb.17,2004
    30. "Precise Measurement of sin2(2θ13) Using Japanese Reactors.": F.Suekane et al.; NOON03 Proceedeings. e-Print ArXive hep-ex/0306029
    31. "A Realistic Idea of Precise sin22θ13 Measurement useing Reactor νe": F.Suekane; @Baksan School, Baksan Valley, Russia, Apr.24,2003
    32. "A High Prcision Measurement of sin22θ13 using Kashiwazaki Kariwa Nuclear Power Plant": 末包文彦; NufactJ03 @東京大学宇宙線研究所, Nov.22,2002

  4. 日本物理学会(一般講演等)

    • 2010年3月 岡山大学
        [ニュートリノセッション]
      1. 「Double Chooz実験の検出器の建設状況」:田畑裕史
      2. 「Double Chooz実験オンラインソフトウェアシステムの開発」:坂本泰伸
      3. 「シミュレーションを用いたDouble Chooz実験におけるθ13感度の評価」:香山翔
      4. 「Double Choozにおける事象位置再構成アルゴリズムの開発」:高橋翔太
      5. 「Double Chooz実験における宇宙線ミューオンの識別方法」:下島すみれ
      6. 「液体シンチレータを用いた波形弁別試験のデータ解析」:益田智弥
        [原子炉モニターセッション]
      1. 「プラスティックシンチレータを用いた原子炉ニュートリノ検出器の開発」:小野裕明
      2. 「Gd入り液体シンチレータを用いた小型原子炉ニュートリノモニターの開発」:井村明憲
      3. 「小型原子炉ニュートリノモニターのためのPSD能力を備えたGd入り液体シンチレータの開発」:古田幸人
    • 2009年9月 甲南大学
      1. 「Double Chooz実験の建設状況の報告」: 古田久敬
      2. 「Double Chooz実験におけるPMT設置時のPMT最終試験の報告」:佐藤文孝
      3. 「シミュレーションによるDouble Chooz検出器キャリブレーションの研究」: 松原綱之
      4. 「Double Chooz実験におけるオンラインシステムアーキテクチャ」: 今野智之
      5. 「小型原子炉ニュートリノ検出器の開発」: 田所秀徳
    • 2009年3月 立教大学
      1. 「Double Chooz実験計画の現状とθ13測定の展開」: 石塚正基
      2. 「Double Chooz実験の検出器の建設状況」: 田畑裕史
      3. 「原子炉ニュートリノ振動実験Double Choozに用いる10"PMT検査結果の報告」: 遠藤裕介
      4. 「Double Chooz実験の為の解析手法の開発」: 香山翔
      5. 「KASKA実験におけるキャリブレーションシステムへの要求性能」: 吉野亜弥
      6. 「KASKAプロトタイプ検出器を用いた高速実験炉常陽からのニュートリノ検出IV」: 古田久敬
      7. 「Double Chooz実験の為のRun Controlシステムの開発」: 重森哲
      8. 「Double Chooz実験に用いるPseudo online monitoring systemの開発」: 今野智之
    • 2008年9月 山形大学
      1. 「Double Chooz実験に用いる10"PMTの大量性能検査の現状報告」: 今野智之
      2. 「原子炉ニュートリノ振動実験Double Chooz用10"PMTのドイツでの受け入れ検査の現状」: 佐藤文孝
      3. 「Double Chooz実験の為の光電子増倍管のテスト」: 田所秀徳
      4. 「Double Chooz実験検出器のシミュレーションを用いた評価」: 香山翔
      5. 「原子炉ニュートリノ実験での,波形弁別法による高速中性子バックグラウンドの識別可能性の研究」: 宮本賀透
      6. 「KASKA実験における宇宙線飛跡検出器の検出器構造決定の為のビームテスト」: 田中浩基
      7. 「KASKAプロトタイプ検出器を用いた高速実験炉常陽からのニュートリノ検出(企)」: 古田久敬
    • 2008年3月 近畿大学
      1. 「Double Chooz実験における光電子増倍管のテスト」: 原俊雄
      2. 「Double Chooz実験の為のPMT検査システムの開発」 :松原綱之
      3. 「原子炉ニュートリノ振動実験Double Choozのための10"PMT(8本同時)懸車システムの開発」: 遠藤裕介
      4. 「KASKA実験におけるキャリブレーションシステムの研究」: 吉野亜弥
      5. 「KASKAプロトタイプ検出器を用いた高速実験炉常陽からのニュートリノ検出II」: 田畑裕史
      6. 「個体シンチレータを用いたニュートリノ検出器の開発」: 富山幸祐
    • 2008年9月 北海道大学
      1. 「原子炉θ13実験:Double Chooz」:
      2. 「Double Chooz実験のための光電子増倍管のテスト」: 太田裕之
      3. 「ニュートリノ実験用有機ガドリニウム入り液体シンチレータの長期安定性の評価」: 勝亦正明
      4. 「KASKAlプロトタイプ検出器を用いた高速実験炉常陽からのニュートリノ検出」: 田畑裕史
    • 2007年3月 首都大学東京
      1. 「原子炉ニュートリノ実験用Gd入り液体シンチレータの性能テスト」: 原俊雄
      2. 「KASKAプロトタイプ検出器を用いた高速実験炉常陽からのニュートリノ検出」: 古田久敬
      3. 「KASKA実験のキャリブレーションシステムについての研究」: 舟木好子
      4. 「原子炉ニュートリノ振動実験Double ChoozにおけるPMT Test Benchの製作」:
    • 2006年9月 ハワイ
      1. 「Fast Reactor Neutrino Detection with KASKA Prototype Detector : A Status Report」: 土屋泰
    • 2006年3月 愛媛大学
      1. 「KASKA実験の為の宇宙線飛跡検出器の研究開発」: 前田順平
      2. 「KASKA実験のキャリブレーションに使用するワイヤーの研究」: 舟木好子
      3. 「KASKAプロトタイプを用いたニュートリノ検出に向けての準備」: 坂本泰伸
      4. 「KASKA実験におけるフロントエンドエレクトロニクスの開発」: 岩渕龍也
    • 2005年9月大阪市立大学
      1. 「KASKAプロトタイプ検出を用いたγ線Containmentの評価」: 坂本泰伸
      2. 「KASKAプロトタイプ検出器を用いた宇宙線バックグラウンドの評価」: 土屋泰
    • 2005年3月 東京理科大学
      1. 「KASKA実験における宇宙線バックグラウンドの研究」: 佐久間清美
      2. 「KASKA実験予定地における地下γ線バックグラウンドの測定」: 古田久敬
      3. 「KASKA実験用プロトタイプ検出器の準備状況」: 坂本泰伸
    • 2004年9月 高知大学
      1. 「KASKA実験におけるバックグラウンドの考察」: 佐久間清美
      2. 「KASKA実験の前置検出器による原子炉ニュートリノスペクトルの精密測定の可能性」: 末包文彦
    • 2004年3月九州大学
      1. 「原子炉を用いたニュートリノ振動パラメータθ13の測定」: 末包文彦